地図による小地域分析(jSTAT MAP)



 「地図による小地域分析(jSTAT MAP)」において、第三者による不正アクセス及び同機能における情報が搾取されたことが判明いたしました。
 このため、平成29年4月11日(火)12時からサービス提供を停止しております。
 利用者の皆さまに多大なる御迷惑をお掛けいたしますことを心よりお詫び申し上げます。

1 不正アクセスによる情報流出の状況
 「地図による小地域分析(jSTAT MAP)」のアプリケーションフレームワークであるApache Struts2の脆弱性を利用した不正アクセスを受け、悪意のあるプログラムが仕掛けられ、情報が搾取されたことが判明いたしました。
 調査した結果、搾取された情報は、公表された統計情報に加えて、サービス開始の平成25年10月18日(金)以降に当該サイトに利用登録した者約2.3万人の登録情報及び利用者がアップロードしたデータが含まれている恐れがあります。
 なお、「地図による小地域分析(jSTAT MAP)」を利用したことにより、利用者の方のパソコン等へのウィルス感染など影響を与えるものではありません。

2 対応状況
 現在、不正アクセス及び情報流出の防止対策を検討しており、防止対策等を講じた上でサービス提供を再開する予定です。


総務省報道発表資料:
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei09_01000023.html